logo 一般財団法人 阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

General Incorporated Association "SOUGEN-GYU Project

今年のひと仕事終わりました。

2018.06.27

こんにちは研修の前田です!

 

タイトルの通り昨日で今年の草原牛プロジェクトの活動に一つの区切りがつきました。

 

それは繁殖牛全頭の種付け後の妊娠鑑定にて受胎確認がとれたことです!

 

昨日は雨でしたが群れの中で一番野生牛に近く捕まりにくいなぎさがたまたま捕まってくれました。

【問題のなぎさ明らかに嫌がってます。】

 

そのため獣医師さんにきてもらって、なぎさ含む2頭を妊娠鑑定やってもらいました。

 

いつも雨の中呼んでしまうので昨日も「また天気が悪い日に」と怒られてしまいました、笑

すいません…

 

 

気になる結果は2頭とも身ごもってました。

嬉しいですね、今のところ自分が研修で来てからは受胎成績3頭中3頭+、つまり10割です!(調子にのってます)

このまま10割記録を更新していきたいと思います、笑

 

 

種付けが終わったということはお米でいう田植えが終わった感じですかね…?

後は健康に産んでもらって阿蘇の土の上ですくすくと育ってもらったら御の字です。

 

 

現在の繁殖牛は9頭、

うまくいけば9頭がこの1年間でうちのプロジェクトの一員になってくれます。

 

 

そして、トップバッターは7月10日予定のふくじゅそう!

この子は何度かお産も経験してきているベテランさんで群れの中で一番人に優しい牛です。

 

プロジェクトメンバーや東海大学の先生方、地域の農家さん、そして牛達に助けてもらいながら自分の中で初の野外分娩をしっかり成功させていきます!

 

※写真は諸事情により7月に入ってから載せます。